木を生き生きと生長させるために剪定の必要性を確認しよう

剪定とは?

剪定は木を管理する上で、とても大事な作業になります。正しい知識がないまま適当に切ったとしても木は上手く育ってくれません。逆に間違った方法で剪定してしまうと、花が咲かなかったり枯れていく原因となってしまうので、気を付けてください。ここからは、木の選定方法を解説していきます。

木の剪定方法

切り返し

分岐している枝のうち、若い方を残して古い枝を切り落としていく作業になります。大きくなってしまった木を小さくコンパクトにしたい時や、傷んできた枝を少なくしたい時に行う剪定です。更新した枝はどんどんと生長していくので、果樹の花や実を大きするといった効果を期待することができます。

切り詰め剪定

伸びすぎてしまった若枝や古枝の先っぽを切り落として、葉っぱが茂っている樹冠のサイズを綺麗にしていく剪定方法になります。若枝を着る時のポイントとしては、芽のすぐ上の方を斜めに切り落とすといいでしょう。芽から先を残したとしても、どうせ枯れていくので意味がありません。

刈り込み剪定

刈り込み剪定は伸びすぎてしまった枝葉の表面を整えていく作業になります。刈り込みばさみや電動バリカンを使い、枝場を一気に切り落としていきます。木のシルエットを綺麗に整えることができます。目隠しを兼ねた生垣などでは定期的に行わないと、他の木の枝葉と干渉してしまいます。

枝おろし剪定

太く生長した枝の上下に切り込みを入れ、付け根から切り落としていく剪定になります。大きな枝は栄養をたくさん吸収してしまうので、切り落とすことにより他の部分に栄養が行き渡ります。太い枝の切り口を放置しておくと、腐っていってしまうので、ペンキを塗ってあげましょう。

木を生き生きと生長させるために剪定の必要性を確認しよう

作業員

剪定するべき枝

樹形を美しく保ち、木の健康を守る上で必要になるのが、剪定ですが、その時に切り落とす枝のことを忌み枝といいます。せっかく伸びてくれた枝を切り落とすのには抵抗があるという方もいるでしょう。ですが、忌み枝はある意味がなく、むしろ木の生長を妨げる害悪な存在なのです。忌み枝を切ったあとは寂しい感じがしますが、しばらくするとまた枝が増えていきます。

忌み枝の種類

忌み枝にはさまざまな種類があり、それぞれに生えてきた理由が異なります。勢いが強く、伸びすぎてしまった枝は、木のシルエットを崩してしまいますが、この枝のことを徒長枝と呼びます。また、徒長枝の一種になりますが、垂直にそびえたった枝のことを立ち枝と呼びます。他にも忌み枝にはたくさんの種類がありますが、状況によっているいらないの判断をします。

業者に依頼してみる

ここまで剪定について解説してきましたが、初心者の方には難易度の高い作業であることが分かると思います。剪定を業者に依頼することで、費用がかかってしまいますが、綺麗な仕上がりが保証されます。また、年に数回という剪定作業に時間を取られてしまうことがありません。費用を払うのが嫌な方は、自分のスキルを磨いていくといいでしょう。

自分でやるか業者に依頼するか

剪定は自分でやるか業者に依頼するかの二択がありますが、どちらが正解というのはありません。それぞれにメリットとデメリットがあるので、自分に合った方を選ぶといいでしょう。

広告募集中